インターン対談:自分をさらけ出しながら、日々学び続けられるこの場所が好き。僕らがfor Startupsにいる理由。

2019-08-23
インターン対談:自分をさらけ出しながら、日々学び続けられるこの場所が好き。僕らがfor Startupsにいる理由。

就職活動の定番とさえいえる、企業でのインターンシップ。しかし、数ある企業の中から、自分の興味関心や成長できる環境などを探し当てるのは、そう容易なことではありません。

ただ、自らの軸やこだわりを持ちインターンシップ先を選定すれば、インターンシップを充実したものにできるのではないでしょうか。そこで今回は、for Startupsで長期インターンとして活躍する、影山・橋爪・渡邉の3名に集まってもらい座談会を実施。

彼らがfor Startupsを選び、最初から今まで変わらずイキイキと働ける理由とは?インターン同士の和やかな雰囲気の中で話してくれました!

「とにかく裁量の大きな環境を探していた」

-- 今日はよろしくお願いします! さて、今回はインターンのみなさんの日々のお仕事の話をいろいろと伺えたらと思っています。盛り上がりを見せているスタートアップ領域ですが、学生時代にインターン先として選ぶことは大きなチャレンジだったのではないかと思います。そもそも、みなさんは入社前からスタートアップに興味があったのでしょうか?

影山千莉(かげやま・せんり)
上智大学 総合グローバル学部所属。幼い頃からクラシックバレエに取り組み、全国大会で2位を獲得したことも。
知り合いの紹介で1年半前からインターン生として働く。

影山:わたしがインターンを始めた頃は、Uber、Airbnb、メルカリなどが広く知られ始めたタイミングで。「スタートアップ」という言葉は、なんとなく聞いたことがある、くらいでした。「スタートアップってベンチャーとなにが違うのだろう?」みたいな。漠然とでしたが、勢いのあるスタートアップに興味を持って、インターンを始めたんです。

橋爪健汰(はしづめ・けんた)
明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科所属。学外では、スターバックスのアルバイトに打ち込み、接客コンテストでの受賞経験を持つ。現在、インターン歴8ヶ月。

橋爪:わかる! 僕も、ベンチャーとスタートアップの違いはよくわかっていないレベルでした。以前、別の企業のサマーインターンを経験したときに、より成長したいと思って、長期インターンを探し始めました。当時、僕は「成長は、自ら決断し、実行することで培われるもの」と思っていたので、とにかく裁量の大きな環境で働いてみたかったんですよね。そこで見つけたのが、for Startupsでした。

渡邉慶(わたなべ・けい)
法政大学 キャリアデザイン学部 キャリアデザイン学科所属。個人で学生組織に特化した組織のコンサルティング事業を立ち上げる傍らで、for Startupsのインターンを開始。現在、インターン歴4ヶ月。

渡邉:僕は、スタートアップの存在そのものは知っていました。就活が終わってからfor Startupsのインターンを始めているので、ある程度大企業からスタートアップまでを知った状態でfor Startupsに出会いました。インターンに応募した理由は、のちのち起業する際に活きる経験を積みたいと思ったから。僕自身、学生時代から個人で事業を立ち上げていたので、いつかは起業して会社を背負う存在になると思っていて。大学卒業後は大企業への入社予定があるので、卒業までの今の時期、スタートアップの環境下で起業についての知見を溜めたいと考えました。

影山:そう思うと、渡邉さんはすごく強い意思を持っているよね……! 正直なところ、わたしはインターンの採用面接のときに、事業内容もスタートアップに関する言葉もあんまり理解できていなくて(笑)。ただ「すごく興味がある!働いてみたい!」と感じて入社を決めたんですよね。

-- スタートアップに興味があることはもちろんですが、それよりも「何を得たいのか」が明確になっていたんですね。for Startupsのインターンの仕事って、どんな種類があるんですか?

渡邉:仕事内容は全部で4種類に分かれます。まず、一番大きなものはfor Startupsが運営するスタートアップの情報プラットフォーム「STARTUP DB」の運営。企業のデータベースの更新が主な業務です。社員と協力しながら、スタートアップの公開情報をリサーチし、データベースに反映しています。

STARTUP DB https://startup-db.com/


2点目が「STARTUP DB」内のコンテンツ制作。これから業界に飛び込もうと考えている方に向けて、独自でスタートアップに関する情報をリサーチし、記事としてお届けしています。スタートアップのIPO(上場)、資金調達など、さまざまなテーマを決め、記事を執筆するんです。


ベンチャーキャピタルのビジネスモデルから学ぶ、スタートアップの分析視点

そして、3点目がデジタルマーケティング。SNS運用を中心に「STARTUP DB」がより愛されるための施策を考え、実行しています。

最後が、HR。通常のHR部署とは別で、インターンのみで構成されたセクションです。インターンの採用を行なったり、インターンの組織活性化を担っています。

影山:「STARTUP DB」の運営はインターン全員で行っていて、残りの3つの仕事を興味や強みに合わせて選択し、配属されています。わたしは、HRの担当なので、インターンの面接や採用記事の執筆をしたり、組織活性化のためにアンケートを行なったりしています。

橋爪:HRセクションは、影山さんが「作りたい!」と声を挙げてできた部署だったよね?

影山:そうだね。昔よりもインターンが増えている今の段階で、採用やメンバー同士のつながりをもっと良くしたいと思って提案したら「じゃあ、やってごらん」と社員の方が言ってくださって。初期はひとりで担当していたのですごく大変でしたが、今は3人で仕事を回しているので、やりたいことができるようになってきた感覚があります。

橋爪:僕は、渡邉さんと一緒にコンテンツを制作したり、デジタルマーケティングにも携わっています。以前のインターンの方がマーケティングセクションを立ち上げてくれたので、それを受け継ぐ形で「STARTUP DB」のコアなコミュニティ形成を目指しています。具体的には、SNS運用を行い「STARTUP DB」を愛してくださるファンの方を広めるための施策を担当しています。

仕事は正直、地道。でも、自らの力で結果を出せる環境がある

-- インターンの発案で部署ができるってすごいですよね。あと、仕事内容も幅広いなと。実際に働き始めてみて、意外だったことや驚いたこととか、ありました?

橋爪:IT業界でよくある話なのかもしれませんが、仕事内容が想像以上に地味でした(笑)。メディア運営って、言葉だけならキラキラしているし格好良いんですが、実際はすごく地道です。

渡邉:すごくわかる(笑)。僕自身も華やかな仕事のイメージを持っていたけれど、面接時に「たぶん、想像よりも地味だよ」と念押しされました。ただ、僕は地道な仕事だから嫌とか、華やかな仕事だから良いみたいな固定観念がほとんどなくて。むしろ、知らないことを知れる喜びや、学生生活にも活きる資料の作り方なんかも学べていたので、一つひとつがすべて新鮮でした。

橋爪:それ、すごいね……! 影山さんはどうだった?

影山:わたしは地道な作業が好きだし、大の得意だったからすごく楽しかったかなあ。最近、「STARTUP DB」に掲載した企業数が1万社を突破したのですが、それに伴い多くの方に活用いただけていて、コツコツ続けたことが価値を生んでいることを知ることができるのがとにかく嬉しいです。意味のない作業は苦手だけど、今の仕事は日本のスタートアップ市場に価値を生み出せていると実感しています。自分自身も多くの企業を知ることにつながっているから、すごく楽しいです。

Related News