経済産業省 令和3年度「スタートアップ向け経営人材支援事業」における 総合アドバイザリーに当社Public Affairs戦略室 室長 泉友詞が着任

2021-07-02
経済産業省 令和3年度「スタートアップ向け経営人材支援事業」における 総合アドバイザリーに当社Public Affairs戦略室 室長 泉友詞が着任

成長産業支援事業を推進するフォースタートアップス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:志水雄一郎 以下、フォースタートアップス)は、経済産業省による令和3年度「中小企業新事業創出促進対策事業費補助金(スタートアップ向け経営人材支援事業)」の事務局運営に関わる総合アドバイザリーに、当社Public Affairs戦略室 室長 泉友詞が着任したことをお知らせいたします。当社は、本事業の補助事業者として採択された一般社団法人社会実装推進センターが、事務局運営を株式会社野村総合研究所と共に行う体制の中で、スタートアップ経営人材に関する知見の提供や事業設計などに関わる総合アドバイザリーとして運営補助を行います。なお、本事業は、”SHIFT(x)”(読み:シフトエックス) と題します。

SHIFT(x)とは

SHIFT(x)は、”Program for Supporting HR Innovation for Tech-startups & (x)”の略称です。xは、数学で変数を表す x です。x には、「働き方」や「スキル」、「キャリア」といった言葉が入り、 スタートアップへの挑戦をコーディネートする取り組みを推進するなかで、大企業人材の様々な x を、 スタートアップエコシステムに向けてシフトしていくことを意図しています。

本事業の背景と目的

経済産業省は、大企業等、スタートアップ企業(以下「SU」という。)の間でイノベーションの担い手となる人材が環流することで、SUへの人材流動性が高まりSUが成長するエコシステム(スタートアップエコシステム)を創出し、大企業等とSUによる価値共創が促進されイノベーションが創出されるエコシステム(イノベーションエコシステム)の創出を目指しています。一方、上記イノベーションエコシステム創出に向けて特にテクノロジー系SUにおいて、経営人材不足が顕著です。ここには、①大企業等からSUに人材を流動させるため民間事業者の取り組み・事業者間連携が不足している、②人材側にSUで働くことの価値が十分に認められていない、という2点から、大企業等に人材が滞留してしまっている構造上の課題が存在します。本事業では、スタートアップ経営人材不足にかかる構造上の課題を解消するため、民間事業者が新たに取り組もうとする大企業等からSUへの人材流動に向けた取り組みの費用の一部を補助し、SUの成長に寄与する人材を効率的・効果的にマッチングする好連携を創出・情報発信することで、広く民間ビジネスにおいて事業展開されることを目的とします。当社は本事業による成果創出に向けて尽力し、日本のスタートアップ経営人材の流動化及びマッチング精度向上を促進し、より質の高い日本のスタートアップエコシステム創出に寄与してまいります。

事業イメージ

当社 Public Affairs戦略室 室長 泉友詞 コメント

私はこれまで数多くのスタートアップ企業のご支援に関わってまいりました。近年、優秀なスタートアップ企業の創出については国家成長戦略の一つに数えられるほど重要視されていますが、「カネ」と「戦略」において議論されることは多いものの、最も重要な成長資源である「ヒト」の領域においては、そもそも議論できる専門家も決して多い訳でもなく、後回しになっていたように感じています。一方でスタートアップに関わる中央政府の動きは、経済産業省J-Startup認定制度、内閣府によるスタートアップエコシステム拠点都市認定制度など、スタートアップを取り巻く環境は10年前とは比較にならないほど充実しはじめております。そのような時代の流れを感知し、かつ挑戦意欲が高いとされる20〜40代のスタートアップ企業への転職希望者も徐々に増えておりますが、従来型の人材支援構造におけるマッチングのままでは難しい点が多く、かつ支援事業者間でマッチングナレッジが共有されていない為、最適な人材の流動化が進んでおりません。この度のアドバイザリー着任を機に、ヒューマンキャピタリストとしてのナレッジを共有し、スタートアップ経営人材の流動を促進することで、志ある皆様と共に日本の競争力強化に向け尽力してまいります。

Public Affairs戦略室 室長 泉友詞プロフィール

アスレティックトレーナー、業務改善コンサルティング、金融機関勤務の経験後、2006年よりインターネット業界へ。GMOインターネットグループでデジタルマーケティング領域に従事し、事業部マネージャーとして組織を牽引。その後、創業期の株式会社ネットジンザイバンク(現フォースタートアップス株式会社)に参画。シニアヒューマンキャピタリストとしてスタートアップの人的支援のスペシャリストとして活動。ユニコーン企業を含む数多くのスタートアップ支援の知見やネットワークを産学官コミュニケーションに活かすべく、Public affairs戦略室を創設。室長として中央・地方政府の連携を推進し、日本の新産業創出の仕組みづくりに取り組んでいる

フォースタートアップス株式会社 概要

社名 : フォースタートアップス株式会社

代表者 : 代表取締役社⻑ 志水 雄一郎

設立 : 2016年9月1日

事業内容:成長産業支援事業

所在地 : 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー36F

https://forstartups.com/

フォースタートアップスは、「世界で勝負できる産業、企業、サービス、人を創出し、日本の成⻑を支えていく」 ために、「for Startups」というビジョンのもと、インターネット/IoTセクターをはじめ、ディープテック等リアルビジネス領域も含めた起業支援と転職支援を中核とした成長産業支援事業を推進。国内有⼒ベンチャーキャピタルと連携したスタートアップ・ベンチャー企業への戦略的資⾦⽀援や、成長産業領域に特化した情報プラットフォーム「STARTUP DB(スタートアップデータベース)」の運用、及び、大企業とのビジネス共創モデルによる産業エコシステム強化にも取り組む。今後もビジョンとともに、日本の成長・発展に貢献してまいります。

本件に関する取材等のお問い合わせ

フォースタートアップス株式会社 PR担当 : 友行(トモユキ)[TEL : (代表)03-6893-0650 / FAX:03-6893-0651 / MAIL : pr@forstartups.com]

Related News